忍者ブログ

インド仏教復興運動のパシリ日記 時々脱線

Jay Bhim ! Jay Bhim ! Jay Bhim !

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インドラ寺通信・続き

2月9日(続き)
午後から夜まで仏教徒との面談が続いた。

2月10日~13日
筆者は風邪・熱・寝不足・ものもらい等の体調不良が一気に爆発。休養をとった。この間の佐々井師の活動の詳細はわからず。外出はされず、インドラ寺で面談を行われていた。

2月14日
午前と夜に日本から来られた空手家の先生方計4名様をナグプール空港までお迎えに行った。

2月15日
マンセルの龍樹菩薩大寺にて空手の演舞式。
朝9時にインドラ寺集合。空手家の先生方と演舞式の打ち合わせを兼ねて、仏教徒の家で昼食会が開かれた。その後、会場である龍樹菩薩大寺へ移動。午後より開催された。ナグプール市長なども出席され、式は盛大に行われた。
お弟子さんの空龍さんとインド人空手家のアーナンダさんに空手指導者証が佐々井師より渡された。佐々井師は終始笑顔だった。
インド人の空手の演舞、日本からの来賓である空手家の先生方の演舞、空龍さんの演舞…式は19時過ぎまで続いた。
会場となった龍樹菩薩大寺は空手道場としても使用されていて、多くのインド人が通う。空手を通じて体と正しい精神を鍛えていく。こちらの支援も日本の方々にお願いできたら、と現地の人達は言っていた。こちらのお寺での空手の指導者は空龍さん。

2月16日
午前中に空手家の先生2名様を空港にお見送りへ行った。夕方の便で帰国される空手家の先生お二人の買い物(お土産)に同行するように佐々井しから言われ、空龍さんと共に同行。15時30分にナグプール空港で佐々井師と合流し、空手家の先生お二人のお見送りをした。

2月17日
朝のお勤め後に佐々井師に御挨拶に行った際「いつもすみません」と言われた。声が小さく相当お疲れのご様子だ。
その数時間後に師から「そろそろ帰る仕度をしてください」と言われた。筆者はもう少し滞在したいとお願いしたが却下された。
戒律の厳しいインド仏教の僧侶のそばに女性がいてはならない、バンテージーが日本語で女性と話していると不信がるインド人達がいる、と筆者は理解している。「また来なさい」とおっしゃった。涙が出た。
筆者は一旦ナグプールを離れる決意をした。

2月17日
早朝3時、仏教会議のためシルプール(ナグプールから約430キロ)へ向けて僧侶数名と共に出発。

2月18日
深夜1時にシルプールよりインドラ寺に戻る。朝のお勤め時には起きられ、仏教徒との面談をされていた。14時ころより仮眠をとられ17時頃に起床された。

今日で一旦ナグプールからの報告は終わります。一旦インドの他の地を回り、またナグプールに戻りたいと思います。
写真がアップできませんでしたので、他の地でアップします。

佐々井師の活動は休みなく続く。Jay Bhim!!
PR

COMMENT

Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[10/19 Nagavalok]
[10/19 高山龍智]
[03/01 高山龍智]
[02/24 Nagaabarok]
[02/13 高山龍智]
[02/03 nagakumari]
[01/29 tic_taku]
[11/05 Nagakumari]
[11/05 高山龍智]

最新TB

プロフィール

HN:
Nagavalok
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

忍者アド

忍者アド

忍者アド

<<ナグプールの写真 その1  | HOME |  インドラ寺通信>>
Copyright ©  -- Jay Bhim ! Jay Bhim ! Jay Bhim ! --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Melonenmann / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]