忍者ブログ

インド仏教復興運動のパシリ日記 時々脱線

Jay Bhim ! Jay Bhim ! Jay Bhim !

   
カテゴリー「インド」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナグプールの写真 その2


インドラ・ブッダ・ビハール(インドラ寺)


インドラ・ブッダ・ビハール ご本尊


ゲストハウス1階の寺 ご本尊と僧侶


ベゾンバグ・ブッダ・ビハール ご本尊と僧尼


ディクシャ・ブーミー


マンセル遺跡


ある仏教徒の仏壇 カレンダーなどを拝んでいた 左は佐々井師の写真


有方静江老人ホーム 入居している人々


2011.1.24 龍樹菩薩大寺 観光客に囲まれる佐々井師


2011.2.6 ドンガルガル アンベードカルの像の横で雄叫びをあげる佐々井師


2011.2.6 ドンガルガル 第18回世界仏教会議の聴衆


2011.2.15 龍樹菩薩大寺 演説を行う佐々井師
PR

ナグプールの写真 その1


1月24日 有方静江老人ホームの老人たち。仏教徒以外の人々も穏やかに生活していた。



1月24日 龍樹菩薩大寺で観光客に囲まれ談笑する佐々井師



2月6日 第18回世界仏教会議が開催されるドンガルカルへ向かう。朝のお茶屋で。



2月6日 ドンガルカルの街中をパレードする佐々井師


2月6日 第18回世界仏教会議(ドンガルカル)で演説をする佐々井師


2月15日 お弟子さんの空龍さんへ空手指導者の免状を渡す佐々井師


2月15日 ナグプールの空手教室の生徒たち




インドラ寺通信・続き

2月9日(続き)
午後から夜まで仏教徒との面談が続いた。

2月10日~13日
筆者は風邪・熱・寝不足・ものもらい等の体調不良が一気に爆発。休養をとった。この間の佐々井師の活動の詳細はわからず。外出はされず、インドラ寺で面談を行われていた。

2月14日
午前と夜に日本から来られた空手家の先生方計4名様をナグプール空港までお迎えに行った。

2月15日
マンセルの龍樹菩薩大寺にて空手の演舞式。
朝9時にインドラ寺集合。空手家の先生方と演舞式の打ち合わせを兼ねて、仏教徒の家で昼食会が開かれた。その後、会場である龍樹菩薩大寺へ移動。午後より開催された。ナグプール市長なども出席され、式は盛大に行われた。
お弟子さんの空龍さんとインド人空手家のアーナンダさんに空手指導者証が佐々井師より渡された。佐々井師は終始笑顔だった。
インド人の空手の演舞、日本からの来賓である空手家の先生方の演舞、空龍さんの演舞…式は19時過ぎまで続いた。
会場となった龍樹菩薩大寺は空手道場としても使用されていて、多くのインド人が通う。空手を通じて体と正しい精神を鍛えていく。こちらの支援も日本の方々にお願いできたら、と現地の人達は言っていた。こちらのお寺での空手の指導者は空龍さん。

2月16日
午前中に空手家の先生2名様を空港にお見送りへ行った。夕方の便で帰国される空手家の先生お二人の買い物(お土産)に同行するように佐々井しから言われ、空龍さんと共に同行。15時30分にナグプール空港で佐々井師と合流し、空手家の先生お二人のお見送りをした。

2月17日
朝のお勤め後に佐々井師に御挨拶に行った際「いつもすみません」と言われた。声が小さく相当お疲れのご様子だ。
その数時間後に師から「そろそろ帰る仕度をしてください」と言われた。筆者はもう少し滞在したいとお願いしたが却下された。
戒律の厳しいインド仏教の僧侶のそばに女性がいてはならない、バンテージーが日本語で女性と話していると不信がるインド人達がいる、と筆者は理解している。「また来なさい」とおっしゃった。涙が出た。
筆者は一旦ナグプールを離れる決意をした。

2月17日
早朝3時、仏教会議のためシルプール(ナグプールから約430キロ)へ向けて僧侶数名と共に出発。

2月18日
深夜1時にシルプールよりインドラ寺に戻る。朝のお勤め時には起きられ、仏教徒との面談をされていた。14時ころより仮眠をとられ17時頃に起床された。

今日で一旦ナグプールからの報告は終わります。一旦インドの他の地を回り、またナグプールに戻りたいと思います。
写真がアップできませんでしたので、他の地でアップします。

佐々井師の活動は休みなく続く。Jay Bhim!!

インドラ寺通信

■■■
2月3日(続き)
佐々井師は午後はマンセルへ外出。21時頃戻られた。

2月4日
午前は仏教徒との面談。筆者は佐々井師から日本への礼状製作を頼まれ、10時から13時頃までインドラ寺を頻繁に出入りしていたが、その間に1時間ほど佐々井師は外出された。夜遅くまで仏教徒との面談が続いた。

2月5日
マンセルにて会議のため11時にインドラ時を出発され、19時頃に戻られた。

2月6日
ドンガルカルの仏教徒の大集会のために、6時にインドラ寺を出発。お弟子さんの空龍さん、タイからのゲスト(僧侶)、インド僧10数名と筆者を引き連れて2台のジープで行った。ドンガルカルに近づくと、バイクに乗った仏教徒軍団がお出迎え、現場まで先導してくれた。10時頃、ドンガルカルに到着。信者の家で朝食をご馳走になり、その後トラック1台と徒歩で町中をパレードしながら、小山の山頂にある金の大仏を目指す。その間、3箇所で佐々井師はお経を上げた。炎天下の中、筆者は大きな仏教旗を持ちながら、大量の水を飲み、頭に水をかけながら歩く。
小山の麓からはトラックは上がれないので全員徒歩。佐々井師の体力が心配だったが、休み休み登って山頂の大仏の前でお経をあげた。
この時点で佐々井師の疲労を思いハラハラしたのだが、やはり超人。すぐに立ち直り、大天幕が張られた小山の麓の集会会場へ向かう。
会場の周りには出店がたくさん並び、大勢の仏教徒とドンガルカルの人々が集まっていた。祭りのような状態。
州の高官なども招かれ、大会は盛大に行われた。壇上には30人以上のゲストと僧侶がいた。ゲストが一人ずつスピーチをしていく。筆者もゲストとして参加したので壇上の席に座っていたのだが、とにかく暑くて意識が朦朧とした。40年以上、もっと過酷な状況で活動をされてきた佐々井師のご苦労を思うと気が遠くなる思いがした。4時間ぐらいスピーチが続いた。筆者も非常に短いがヒンディー語でスピーチをし、師のリクエストにより「上を向いて歩こう」をアカペラで歌った。ややウケかな?と思っていたら、後からいろいろな人に「スピーチが良かった」と言ってもらえた。ホッと胸をなでおろした。州の高官からも誉めていただき、感無量。

そして最後のスピーチは我らが佐々井師。マイクの前に立った佐々井師は悠然とし、大きな声でわかりやすい言葉で演説された。ドンガルカルの民衆は師に釘付けになり、真剣な眼差しを注いだ。この時の師のお姿は非常に大きく見えた。頼りがいのあるインド仏教徒1億5千万人の指導者は今日も健在だ。
大会は終わり、18時に会場を後にした。途中で軽食をとり、ナグプールに戻ったのは23時過ぎだった。


2月7日
佐々井師は朝から通常通り仏教徒との面談を開始した。筆者は疲労で休息をとった。佐々井師の復活の早さに驚いた。75歳でここまで働く人を私は知らない。やはり超人である。恐れ入りました。この日は夜までインドラ時で仏教徒との面談をされていた。
2月15日の空手演舞式の準備が始まった。

2月8日
この日も終日までインド仏教や僧侶との面談。

2月9日
午前中は仏教徒との面談。現在10時過ぎ。










ナグプールより・2

■■■
1月28日 3つの仏教徒プログラムに出発するのを変更し、明日出発で日帰りにするという。この日は佐々井師は「久しぶりによく寝た」と笑顔を見せた。

1月29日
深夜に上記プログラムに向けてアウランガバードへ出発。戻るのは明日の予定。

1月30日
10時頃にアウランガバードから戻られた。少々の睡眠をとった後、夜遅くまで仏教徒との面談が続いた。

1月31日
午前中から外出。明日行われるデモの打ち合わせ。筆者は19時にインドラ寺にいたが、まだ戻られていなかった。

2月1日
8時に日本から訪れていた取材班を見送りにナグプール空港へ。
14時からナグプールのリゾルバンク・チョークにてデモ。
筆者は女性であり危険、という理由から同行できてなかったので詳細はわからず。18時頃に戻り、その後は仏教徒との面談が続く。

2月2日
昨日、仏教徒の米200俵が焼かれるという事件があった。佐々井師はデモの疲れでこの日は寺で休む予定だったが、午前中から外出。夕方に戻られた。この事件の詳細を調べて抗議しなければいけない、とおっしゃっていた。

2月3日
朝8時にナグプール空港へ出発。お弟子さんの空龍さんを迎えに行った。現在10時前。空龍さんを連れて無事に戻られ、久しぶりの再会を喜ばれている。




カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[10/19 Nagavalok]
[10/19 高山龍智]
[03/01 高山龍智]
[02/24 Nagaabarok]
[02/13 高山龍智]
[02/03 nagakumari]
[01/29 tic_taku]
[11/05 Nagakumari]
[11/05 高山龍智]

最新TB

プロフィール

HN:
Nagavalok
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

アクセス解析

忍者アド

忍者アド

忍者アド

 | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- Jay Bhim ! Jay Bhim ! Jay Bhim ! --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Melonenmann / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]